婚活 服装

婚活では服装が大切?

婚活では服装が大切?

「人は見た目が100パーセント」と言いますが、 これは婚活においても重要なポイントになります。なぜなら婚活こそ、第一印象が与える影響がその後の関係を大きく左右するからです。「メラビアンの法則」をご存知でしょうか?メラビアンとはアメリカで提唱された概念で、人が相手に与える印象をパーセンテージ化したもので、ビジネスの世界でも活用されている話です。人は 相手のどこを見て、その人の「 人となり」を判断しているのでしょうか。55%が視覚から入る情報、38%が聴覚情報、7%が言語情報と言われています。つまり話し方や話す内容よりも、「感じがいい人」の判断は、50%以上見た目で行われているのです。相手に求める条件で上位に挙がるのが、男女共通して「ルックス」が挙げられ、特に女性が男性に求める条件には「清潔感」もかなり重要視されています。見た目の判断基準には、顔の作りや体のスタイルなども重要ですが、髪型や服装、 身につけているものもルックスを見極めるのに、大きく作用します。容姿や体型は、そうすぐには直せるものではありません。(女性には化粧マジックもありますが・・・)しかし服装であれば、明日からにでも、相手の高感度を高めるものにチェンジすることは可能です。女性の方が、男性の服装についてよく観察し覚えている傾向があります。婚活と服装の重要な関係性について、これからもう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

婚活しているときはどんな服装がいいの?

では具体的に、婚活中にはどのような服装が適しているのでしょうか?今では様々な婚活の種類が増え、昔のような仲介人がいて、 男性であればスーツにネクタイ、女性であれば清楚なワンピースといったかしこまったものは、ほとんどなくなりました。婚活パーティーに参加する男性も、ノーネクタイの人が多く、女性も結婚式に出るような華やかなファッションをしてくる人は滅多にいません。(逆にちょっと張り切りすぎて、浮いた印象を与えてしまいます。)婚活バスツアーや、農業体験など様々なアクティビティとコラボした体験型の企画も増えています。 TPO に合わせつつ、印象の良い服装を心がける必要があります。まず男女共通して外せないポイントは、何と言っても清潔感です。 Y シャツやブラウスにしわがよっていないか? 服の袖や、 ズボンの裾に汚れがないか?服装に付随してよく見られているのが、靴と鞄です。ブランド品のような高価なものではなくても、きちんと手入れが行き届いている靴と鞄には相手にとても良い印象を与えます。もう一つ婚活中の服装で大事なポイントは、身の丈に合っているかどうか?です。普段の自分とあまりにもかけ離れた、背伸びをしたファッションは、着慣れていないことが一目で相手にわかってしまいます。ファッション誌をそのまま真似したような服装であったり、体型や髪型に合わないような恰好であったり・・・。ちぐはぐな印象は敏感に相手に伝わり、「〇〇な服装がとても似合っていた人」ではなく、「〇〇な恰好をしていた人」という服装だけの印象を残してしまうのです。下手すれば「〇〇な服に着られていた人」という最悪な印象も残しかねません。

 

 

服装に気を遣った婚活体験談

ここで私ごとですが、一つ婚活中において服装がいかに大事かを実感した体験をお話したいと思います。私はある友人と、バスで果物狩りやワイン城などに行く体験型の婚活ツアーに参加しました。バスから降りて歩くことも多いだろうなと思った私は、ゆったりとしたワンピースにスニーカーを合わせるというコーディネートで向かいました。(どうせならいっぱい食べたいので、ウエスト周りにゆとりがある服を選んだのです・・・)一方一緒に参加した友人は女子力全開で、ウエストが引き締まったスタイリッシュなパンツスタイルに、6センチ以上のピンヒールという出で立ちでの参戦です。バスに乗ってるうちは良かったのですが、外をみんなで歩き始めた時にだんだんと友人の様子がおかしくなって行きました。
足も痛いし、お腹もきつかったのでしょう。時間と共に、表情に陰りが見えてきました。果樹園では地盤も悪く、数人の男性から「靴大丈夫ですか?」「歩きづらくないですか?」というふうに声をかけられていました。声をかけられた友人は嬉しそうでしたが、私から見れば相手に気を使わせているようにしか見えませんでした。この体験で私が学んだことは、服装というのは自分をよく見せることだけが目的ではなく、そこで一緒に過ごす空間を楽しもうとする周りへの配慮が一番大事なのだということです。友人は今回の服装のおかげで、100%の自分の力を発揮できなかったと思います。お店には、お客様に良い印象を与えるためのユニフォームが用意されています。それと同様に、婚活にはその婚活内容に合った「相手に良い印象を与える服装」というものがああるのです。